◇◆ 第三章 国民の権利及び義務(抜粋) ◇◆
――― Rights and duties of the people ―――
第11条 国民の基本的人権の享有と基本的人権の性質
 国民は、すべての基本的人権の享有を妨げられない。
この憲法が国民に保障する基本的人権は、侵すことのできない永久の権利として、現在及び将来の国民に与へられる。
The people shall not be prevented from enjoying any of the fundamental human rights.
These fundamental human rights guaranteed to the people by this Constitution shall be conferred upon the people of this and future generations as eternal and inviolate rights.
第12条 国民の自由及び権利の保持責任、濫用禁止と利用責任
 この憲法が国民に保障する自由及び権利は、国民の不断の努力によって、これを保持しなければならない。
又、国民は、これを濫用してはならないのであって、常に公共の福祉のためにこれを利用する責任を負ふ。
The freedoms and rights guaranteed to the people by this Constitution shall be maintained by the constant endevor of the people, who shall refrain from any abuse of these freedom and right and shall always be responsible for utilizing them for the public welfare.
第13条 個人の尊重、生命・自由・幸福追求の権利
 すべての国民は、個人として尊重される。生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利については、公共の福祉に反しない限り、立法その他の国政の上で、最大の尊重を必要とする。
All the people shall be respected as individuals. Their right to life, liberty, and the pursuit of happiness shall, to the extent that it does not interfere with the public welfare, be the supreme consideration in legislation and in other governmental affairs.
第14条 国民の法の下の平等‥・・
 すべての国民は、法の下に平等であって、人種、信条、性別、社会的身分又は門地により、政治的、経済的又は社会的関係において差別されない。
 ・・・・・
All of the people are equal under the law and there shall be no discrimination in political, economic or social relations because of race, creed, sex, social status of family origin.
・・・・・
第15条 国民の公務員選定・罷免権、公務員の本質‥・・・
 公務員を選定し、及びこれを罷免することは、国民固有の権利である。
すべての公務員は、全体の奉仕者であって、一部の奉仕者ではない。
The people have the inalienable right to choose their public officials and to dismiss them. All public officials are servants of the whole community and not of any group there of.
第19 条思想及び良心の自由
 思想及び良心の自由は、これを侵してはならない。
Freedom of thought and conscience shall not be violated.
第20条 信教の自由、国の宗教活動の禁止
 信教の自由は、何人に対してもこれを保障する。いかなる宗教団体も、国から特権を受け、又は政治上の権力を行使してはならない。
何人も、宗教上の行為、祝典、儀式又は行事に参加することを強制されない。
国及びその機関は、宗教教育その他いかなる宗教的活動もしてはならない。
Freedom of religion is guaranteed to all. No religious organization shall receive any privileges from the State, nor exercise any political authority.
No person shall be compelled to take part in any religious act, celebrations, rite or practice. The State and its organs shall refrain from religious education or any other religious activity.
第21条 集会、結社、表現の自由、検閲の禁止、通信の秘密
 集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障する。
検閲は、これをしてはならない。
通信の秘密はこれを侵してはならない。
Freedom of assembly and association as well as speech, press and all other forms of expression are guaranteed. No censorship shall be maintained, nor shall the secrecy of any means of communication be violated.
第24条 婚姻と家族生活における個人の尊厳及び両性の本質的平等
 婚姻は、両性の合意のみに基づいて成立し、夫婦が同等の権利を有することを基本として、相互の協力により、維持されなければならない。
配偶者の選択、財産権、相続、住居の選定、離婚並びに婚姻及び家族に関するその他の事項に関しては、法律は、個人の尊厳と両性の本質的平等に立脚して、制定されなければならない。
Marriage shall be based only on the mutual consent of both sexes and it shall be maintained through mutual cooperation with the equal rights of husband and wife as a basis.
With regard to choice of spouse, property rights, inheritance, choice of domicile, divorce and other matters pertaining to marriage and the family, laws shall be enacted from the standpoint of individual dignity and the essential equality of the sexes.
第25条 国民の生存権、国の社会保障的義務
 すべての国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。
国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない。
All the people shall have the right to maintain the minimum standards of wholesome and cultured living.
In all spheres of life, the state shall use its endeavors for the promotion and extension of social welfare and security, and of public health.

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
憲法・目次前 文戦争放棄基本的人権Links