◇◆ 第二章 戦争の放棄 ◇◆
― RENUNCIATION OF WAR ―
第九条  戦争の放棄、戦力の不保持、交戦権の否認
日本国民は、
正義と秩序を基調とする
国際平和を誠実に希求し、
国権の発動たる戦争と、
武力による威嚇又は武力の行使は、
国際紛争を解決する手段としては
永久にこれを放棄する。
前項の目的を達するため、
陸海空軍その他の戦力は、
これを保持しない。
国の交戦権は、これを認めない。
Aspiring sincerely to an international peace based on justice and order, the Japanese people forever renounce war as a sovereign right of the nation and threat or use of forceas means of settling international disputes.
In order to accomplish the aim of the preceding paragraph, land, sea, and air forces, as well as other war potential, will never be maintained.
The right of belligerency of the state will not be recognized.

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
憲法・目次前 文戦争放棄基本的人権Links