学習編 / 環境問題とは・・地球温暖化とは・・京都議定書とは・・お薦めサイト

1997年、京都で制定された『京都議定書』は、世界が共同で環境問題に取り
組むための唯一の“国際的合意”です。その内容、発効までのプロセスは・・・
 『京都議定書』とは?
 地球環境に対して国際的な取組みがスタートしたのは、1992年のリオデジャネイロでの国連「環境開発会議」<地球サミット>である。そこで2つの条約『気候変動枠組条約』と『生物多様性保護条約』が採択された。
 『気候変動枠組条約』を批准した国は167ヶ国。この条約は先進国と途上国との経済状況や責任の相違を認め、「共通だが差異のある責任」に基づき、温暖化防止に各国が一緒に取り組むことを求めている。特に先進国は1990年代末までに、温室効果ガスの排出量を1990年水準に戻すことを誓約した。
 しかし2000年以降の温室効果ガスの排出量に関しての取り決めがなされなかったので、1997年の京都での第3回会議 (COP3 The Third Conference of Parties ) で、2000年以降の排出目標値を策定した。それが『京都議定書』である。

 その主な内容とは?
対象ガス 二酸化炭素 メタン 亜酸化窒素 HFC・PFC(フロン類) SF6
基準年 1990年
目標期間 2008年〜2012年
削減目標 目標期間中に基準年に比べ、全体で少なくとも5%
個別の削減割当量としては、日本6%、アメリカ7%、 EU8%
排出権取引 割り当てられた排出権の枠を、先進国間で譲渡又は獲得することができる
共同実施 先進国同士が共同で排出量削減プロジェクトを実施し、その削減量を分け合うことができる
グリーン開発
  メカニズム
先進国が発展途上国で排出量削減プロジェクトと実施し、自国の削減目標達成のために使用できる  
   ―COP9で具体的な運用方法決定 ( 2003.12/ in Italy) 
預金方式 削減努力が大きければ次期目標期間に繰り越せる

 発効の条件とは?
 京都議定書が発効するには、次の2つの条件が必要です。
1.『気候変動枠組み条約』の締約国の中で、少なくとも55ヶ国以上が、批准、受理、承
  認、同意のいずれかを行うこと
2.批准する国の1990年における温室効果ガス排出量の合計が、京都議定書附属書
  T国(先進国)の総排出量の55%を越えること
この2つの要件を満たした時から、90日後に、『京都議定書』は発効です!

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++ ・・・ to be continued