<目標>    達成度% <ひと言>
不要な照明はこまめに消す 90 かなり改善されたかな・・・
テレビをつけっ放しにしない 90 何となく、テレビを見てる時間がかなり減った
待機時消費電力を0にする 50 できないものもあるし、意外に難しい
電機製品などの買い替え時は省エネタイプを選ぶ 50 どれがホントの省エネ品か、判断するために必要な信頼できる情報がない。買い替えの度に大きくしてきた冷蔵庫を、今回は小さくした!
バッグ、バスケットを持参し、レジ袋や紙袋はもらわない 90 かなり実行してる。ジャスコで購入した「マイバスケット」が生協でも使えるようになったことは嬉しい
不要な包装は断る 90 断るのが面倒くさいときもある
詰め替えて、使用する 70 洗剤・調味料は実行している
ペットボトル入りの商品は買わない 70 たまに飲物を買うくらいで、普段は麦茶を作り冷蔵庫へ。水は買わず、近くの名水をいただいてくる。醤油は繰り返し使えるビンに入ったものに変えた
リサイクルされた商品を買う 50 現状はトイレットペーパー、台所の水切り袋だけかな
リターナブル瓶の商品を買う 50 醤油はリユースのビンに入ったものに変えた。酒は一升瓶入り。でもビールは手頃なのでつい缶を購入
ラップは使わない 80 かなり減った。蓋つき容器を使用
ゴミの分別は厳密に   95 新聞、チラシ・DMなどの紙類、空き缶は「資源ごみ」
プラスチック、発泡スチロールなどは「プラ資源」
ペットボトル、ガラス瓶は「リサイクルステーション」へ持参。牛乳パックは洗って開き、地元の小中学校主催の廃品回収へ
生ゴミを減らす   70 野菜くずを水につけないこと、料理を残さないように作ること、煮物などは味付けの前に汁の量をチェックすること、などを心掛ける
〈今年も『食べ物を捨てない!』ことに拘りたい。日本は“食料自給率40%、廃棄率25%”! せめて家庭では、食べ残しや調理ロスをなくし、廃棄率を0に!〉
野菜は輸送コストのかかっていない地物や、旬の野菜を選ぶ 90 最近はいろんなお店で地元産の野菜や加工品が手に入るようになった。無農薬や減農薬栽培の野菜やお米が出回り始めたことは、とても嬉しい!
外国産の野菜は買わない 90 輸送にかかるコスト、防腐剤などポストハーベスト農薬の健康被害を考慮して、外国産の野菜、肉などは買わない。小麦粉は北海道や岩手産。納豆、豆腐は国産大豆を使用したものを買う
洋服はリサイクルへ 60 小さく切って、雑巾代わりに使う。流行に惑わされず、長く着られる洋服を選ぶように心掛けている
ドライリーニング不要の、手洗いのできる洋服を選ぶ 80 ドライクリーニングで使われるトリクロロエチレン等が地下水を汚染するというので、これは是非心掛けたい
風呂の残り湯を有効利用 95 洗濯はもちろん、掃除などにも利用。洗剤も少量で済むので一石二鳥で、これはかなり実行している
車に乗らないで歩く 80 健康にも良いが、車なしでは暮らせないのも現実
合成洗剤は使わない 70 洗濯、浴用は石けんに変えた。、石けんも種類が多く、何が良いのか、まだよく分からないのが現状
無くても済むものは買わない ?? 何がムダなのか、もう一度チェックする必要がある
2005.1.25

<実践をめざす編> エコチェック | エコ座談会 | 石けん生活