キーワードは4つの“R”!!
1.Refuse
(リフューズ)
2.Reduce
(リデュース)
3.Reuse
(リユース)
4.Recycle
(リサイクル)
大切なことは、この4つのRには優先順位があり、リサイクルは最後の手段です!
 1.Refuse= リフューズ  <ゴミを回避、拒否すること>
街頭でのティッシュペーパーやチラシなど、安易に受け取らない
スーパーのレジ袋など必要のない袋や容器、過剰な包装はきちんと断る
無駄に個装された食品やお菓子などは買わない
不要な箸や調味料は断る
不要なダイレクトメールは「受け取り拒否」で、送り主に返送する

 2.Reduce= リデュース <ゴミを減らすこと>
買物には袋やカゴを持参する
簡易包装の商品を選ぶ
レンジ加熱や食品を保存する際は、フタ付き容器などを上手に利用し、ラップは使わない
紙タオルやティッシュを雑巾代わりに使わない
使い捨ての食器、容器などは使わない
割り箸は使わない
洗剤、シャンプー、リンスなどは詰め替えて使う
使い捨ての缶、ビン、ペットボトルなどに入った飲料、調味料などは買わない
ビールは缶ではなく、繰り返し使えるビン(リターナブル)入りのものを買う
外出時、必要なら水筒を持参する
お茶、煮干しなどは粉にして使い切る
だしに使った昆布や鰹節は佃煮などに再調理し、食す
食べきれないほど料理を作らない
購入した食材は100%使い切り、食材を捨てない
野菜や果物の皮は乾燥させて保存し、再利用を考える
生ゴミは家庭で堆肥にする
家具や、家電は長持ちするもの、修理して使えるものを購入する
容器や包装などは“自然界で分解する素材”で作られたものを選ぶ

 3.Reuse=リユース <再利用・繰り返し使うこと>
充電式の電池を使う
裏面が白い広告などは、メモ用紙などに利用する
着なくなった衣類はフリーマーケットなどを利用し、循環させる
洋服はリフォームして着る
家具は修理したり、ペンキを塗り替えて使う
壊れた家電製品などは修理して使う
個人で所有するのではなく、レンタルを活用する
捨てる前に他の用途を模索する

 4.Recycle=リサイクル  <再び、原料として再生すること>
自治体の分別方法に従い、ビン・缶・ペットボトル・牛乳パックなど、きちんと分別して出す
多少高くても、リサイクルされた商品を購入する

日本の家庭から出るゴミの量は、ドイツの約3.5倍。 家庭のゴミは生活スタイルそのもの。
  必要最小限の「物」でシンプルに暮らす。 そんな暮らしを目指しませんか〜?
  2005. 1. 24

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
入門編 /  温暖化防止チェック | ゴミチェック