今の暮らしでは“添加物”と無縁には一日も過ごせまい。食品購入時に添加物をチェックし、摂取を必要最低限に抑えることが必要になる。そこで食品のチェックポイントとは・・・
基本調味料 ・・・毎日使うものだから〜こだわりたい!
食品 選択のポイント!! ひと言・・・
 自然塩がおススメ!自然塩に含まれる無機質やミネラルは健康維持には不可欠。しかもまろやかな塩味で料理の素材を活かしてくれる。「精製塩」は天日塩を溶解した濃い塩水から再製加工したもの。微量のマグネシウムやカルシウムなどを含むものの99%以上が塩化ナトリウム。
 輸入塩には固結防止剤「フェロシアン化合物」が添加されているものがあるので要チェック!
 輸入した塩や精製塩に“にがり”等ミネラルを添加した「再結晶塩」も「自然塩」と称されて販売されている。しかも添加物の表示は無い。表示だけで本物を判断することは、現状ではかなり難しい。
 わが家では「海の精」「粟国(あぐに)の塩」など、試行錯誤しながら、今は色々な塩を使っている。

 ※自然塩に含まれるミネラルとはカリウム、カ
   ルシウム、マグネシウム、 etc.
醤油  醤油の原料は、大豆・小麦・食塩だけ。それ以外のものはすべて添加物。 「アルコール」で増量されたり、「アミノ酸」などが添加されてないことを確認して選ぶ。
 「脱脂加工大豆」ではなく「丸大豆」、できれば国産の大豆を使用したもの。醤油は「遺伝子組換え」の表示が免除されているので、国産のものは心配ないが、それ以外は「遺伝子組換えでない」と明記されているものを選ぶ。
 原料の半分近くを占める小麦も国産にこだわりたい。
 ※「脱脂加工大豆」とは・・・
 大豆から“大豆油”を取り除いた後の大豆のこと。使用されている大豆はほぼ100%が遺伝子組み換え。
 丸大豆の2割以下と価格が非常に安く、しかも分解・発酵が早く、3ヶ月ほどで醤油ができる。しかし油成分のない「脱脂加工大豆」で熟成もせず作られた醤油は風味・旨味に欠け、結局アミノ酸などを添加して商品になっている。
 しかも原料となる大豆から油を抽出する方法にも問題がある。(植物油を参照)
味噌  国産、できれば産地限定大豆を原料としている。国産大豆でなければ「遺伝子組換えでない」と明記されていること。「保存料」「アミノ酸」など、添加物が使われていないこと。  地元に古くから味噌・醤油を製造する醸造会社が何社かある。「地産地消」で地元産の味噌を愛用している。
 今年初めて味噌仕込みに参加させていただいて、自宅で“手前味噌”を熟成中!
砂糖  ミネラル分を含んだ黒砂糖やてんさい糖などの粗製糖(赤砂糖)がおススメ。
上白糖は砂糖キビや砂糖大根(甜菜)の絞り汁に多くの化学処理を施して製造される。

※三温糖、コーヒーシュガー はカラメル色素で着
  色され、製造方法は上白糖と同じ。要注意!
 独特の香りがあるが、各種ミネラルを豊富に含む「黒砂糖」をできるだけ使用。香りや色を抑えたい時は「洗双糖」「粗糖」などを使う。煮物はもちろんやココアなど飲み物にも、もちろんこれを使っている。
※『遺伝子組換え農作物』に“てんさい”も追加。
  「てんさい糖」は国産と明記されたものを〜!
植物油  大半のサラダ油はナタネ油と大豆油などを混合して作られているが、その原料の「大豆」や「ナタネ」「トウモロコシ」「綿実」は「遺伝子組換え作物」の可能性が高い。表示は義務付けられていない
 さらに、その搾り方にも注目。石油から作られる化学溶剤ヘキサンを使って搾り出し(ヘキサン抽出法)、苛性ソーダ・シュウ酸など化学薬品を駆使して精製される。すべて「加工助剤」として表示はされていない。
 昔のように「圧搾法」で作られるオリーブ油、ゴマ油、紅花油などの「一番搾り」がおススメ。2回目からは「ヘキサン」を使って抽出される。
 ※「機能性油」とは・・・
 食べるとコレステロールを下げる、という油が最近よく売れているそうだ。
 「コレステロールを下げる」という油は「植物ステロール」という物質を多く含むように加工してあるだけのこと。私は逆に特定物質を人工的に増やすことに不安を覚える。
 それよりは本当に安全な油を適度の量で取ることのほうが正常ではないでしょうか。 しかも、むやみにコレステロールを下げる必要性があるのだろうか・・・
分類 種類 原料 特徴
○醸造酢 1.穀物酢 麦、コーン等の穀物 クセがなく、和洋中の様々な料理に向く
2.米酢
 (純米酢)
米、玄米 おだやかな酸味と旨みと複雑な香りで寿司や酢の物 など和食向き
3.果実酢 くだもの 爽やかな香りで、ドレッシングやマリネに
※「バルサミコ酢」はイタリアの伝統的ブドウ酢。果汁を長期熟成
 ※アルコールや食品添加物を加えてないお酢が良いのではないでしょうか・・・

第一群 < 乳・乳製品  卵 >
食品 選択のポイント!! ひと言・・・
ヨーグルト  発酵乳で無糖・無添加のもの。発酵させないで、ゼラチンや「増粘多糖類」で固め、トロミを付けものもあるので要チェック!
 腸内細菌のバランスを整え免疫力も高める。食物繊維と一緒に取ると効果的
 現在は“ケフィア菌”を購入し、自宅で常温発酵させ、毎日一定量を食べている。このヨーグルトは、市販のものよりサッパリとした食感で食べやすく、果物との相性もバツグン!!

第二群 < 魚介・肉・その加工品  豆・豆製品 >
食品 選択のポイント!! ひと言・・・
ハム
ソーセージ
 「リン酸塩(Na)」「亜硝酸Na」「着色料」など添加物を必ずチェック!  ハム・ソーセージの買うことを控え、自分で“塩豚”を作ることが増えた
旬のもの、養殖モノは買わない
魚肉練製品 「合成保存料」「漂白剤」「増粘多糖類」「着色料」「香料」等、使ってないもの
干物 産地、加工場所を明記したもの
たらこ 「亜硝酸Na」と「着色料」は未使用の物
豆腐 凝固剤は「塩化マグネシウム含有物(にがり)」を使っていること。「硫酸マグネシウム・グルコノデルタラクトン」 は化学合成の凝固剤なのでこれは避けたい。さらに「消泡剤」を使ってないもの。「遺伝子組換えでない」と明記されていること  県内産、あるいは国産大豆を使っている商品を購入している。
※「消泡剤」(グリセリンエステル、他)とは、豆乳を搾り出すときに出る泡を消し、作業効率をアップさせるために使われる化学合成添加物。大量生産される豆腐に使用されることが多い

第三群 < 野菜(こんにゃく・海藻を含む)  芋  くだもの >
食品 選択のポイント!! ひと言・・・
惣菜 「アミノ酸」など添加物を使ってないもの。
冷凍素材を調理したものなど原料がハッキリしないものは買わないほうが良いのでは・・・
最近、わが家ではほとんど買わない。
わりと味付けが濃い。しかも「アミノ酸」を多用しているから
梅干し 「保存料」「アミノ酸」などを添加してないもの 今年も手作り!
漬物  漬物も添加物の宝庫
「合成保存料」「着色料」などを使ってないもの
手作りが一番!浅漬けなどは慣れれば簡単にでき、しかも、おいしい!

第四群 < 穀物  油脂  砂糖・その他 >
食品 選択のポイント!! ひと言・・・
パン 大手メーカーのパンにはたくさんの添加物が・・「イーストフード」「保存料(ソルビン酸)」「香料」「小麦粉改良剤」など、添加物を必ずチェック! 街のパン屋さんのパンには表示が義務付けられてない。実態はどうなんだろう・・??
ドレッシング 添加物の多い食品。「保存料」「酸化防止剤」「増粘多糖類」「着色料」「香料」・・・要チェック! 最近はほとんど買わない。ハーブソルト、レモンの絞り汁、オリーブ油・・・で手作り!
ジャム 「合成甘味料(アスパルテーム)」や「増粘多糖類」などの添加物を使っているものも多い 新鮮なイチゴ、リンゴなどを使って簡単にできる。手作りをおススメ!
各種飲料 無糖・無添加のものに限定 自家製麦茶がおススメです!
菓子 添加物の宝庫。子供向けの菓子に添加物が多いことに驚かされる。「合成保存料」「着色料」「増粘多糖類」などを必ずチェック!

遺伝子組換え作物・加工品については・・・
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++ 2005.02.15